ホワイト系の一押しフレーム 内側に金のラインが入ってこの価格 額縁 使い勝手の良い 押し花額縁 J501 白 72額サイズ 玄関 ガラス寸法725×543mm アートフレーム インテリア os-C 壁掛け 絵画 ホワイト系の一押しフレーム。内側に金のラインが入ってこの価格。【額縁】,das-auto74.ru,72額サイズ(ガラス寸法725×543mm)【os-C】【絵画/壁掛け/インテリア/玄関/アートフレーム】,5950円,J501/白,花・ガーデン・DIY , 花・観葉植物 , 花・観葉植物用品 , 押し花用アクセサリー , 額,押し花額縁,/eucharistize2093608.html ホワイト系の一押しフレーム 内側に金のラインが入ってこの価格 額縁 使い勝手の良い 押し花額縁 J501 白 72額サイズ 玄関 ガラス寸法725×543mm アートフレーム インテリア os-C 壁掛け 絵画 ホワイト系の一押しフレーム。内側に金のラインが入ってこの価格。【額縁】,das-auto74.ru,72額サイズ(ガラス寸法725×543mm)【os-C】【絵画/壁掛け/インテリア/玄関/アートフレーム】,5950円,J501/白,花・ガーデン・DIY , 花・観葉植物 , 花・観葉植物用品 , 押し花用アクセサリー , 額,押し花額縁,/eucharistize2093608.html 5950円 ホワイト系の一押しフレーム。内側に金のラインが入ってこの価格。【額縁】 押し花額縁 J501/白 72額サイズ(ガラス寸法725×543mm)【os-C】【絵画/壁掛け/インテリア/玄関/アートフレーム】 花・ガーデン・DIY 花・観葉植物 花・観葉植物用品 押し花用アクセサリー 額 5950円 ホワイト系の一押しフレーム。内側に金のラインが入ってこの価格。【額縁】 押し花額縁 J501/白 72額サイズ(ガラス寸法725×543mm)【os-C】【絵画/壁掛け/インテリア/玄関/アートフレーム】 花・ガーデン・DIY 花・観葉植物 花・観葉植物用品 押し花用アクセサリー 額

ホワイト系の一押しフレーム 内側に金のラインが入ってこの価格 額縁 使い勝手の良い 押し花額縁 J501 白 72額サイズ 玄関 ガラス寸法725×543mm アートフレーム 送料無料(一部地域を除く) インテリア os-C 壁掛け 絵画

ホワイト系の一押しフレーム。内側に金のラインが入ってこの価格。【額縁】 押し花額縁 J501/白 72額サイズ(ガラス寸法725×543mm)【os-C】【絵画/壁掛け/インテリア/玄関/アートフレーム】

5950円

ホワイト系の一押しフレーム。内側に金のラインが入ってこの価格。【額縁】 押し花額縁 J501/白 72額サイズ(ガラス寸法725×543mm)【os-C】【絵画/壁掛け/インテリア/玄関/アートフレーム】




商品名
押し花額縁 J501/白 72額サイズ(額縁裏面内寸727×545mm)
その他色
サイズ
72額(額縁裏面内寸727×545mm)
ガラスサイズ:725×543mm
マット中抜きサイズ:606×424mm
縁幅:28mm
縁厚:15mm
その他サイズ
gt; 16正方額(額縁裏面内寸 160×160mm)
gt; 18額(額縁裏面内寸 180×135mm)
gt; 21額(額縁裏面内寸 201×151mm)
gt; 26額(額縁裏面内寸 263×213mm)
gt; 36額(額縁裏面内寸 360×290mm)
gt; 49額(額縁裏面内寸 485×395mm)
gt; 60額(額縁裏面内寸 606×455mm)
gt; L37額(額縁裏面内寸 370×208mm)
gt; L60額(額縁裏面内寸 602×302mm)
gt; 36八角額(額縁裏面内寸 360×290mm)
gt; 49八角額(額縁裏面内寸 485×395mm)
材質
木製
商品特徴
・1~4ミリ厚押し花の額装に最適
・タテヨコ兼用
付属品
透明ガラス板、マット、吊紐、裏板、箱
備考
※深型仕様(穴ベニヤ付き、マット付き)はコチラ
※深型仕様(穴ベニヤ付き、マット無し)はコチラ
納期
受注確定、決済完了後、翌~翌々営業日出荷
特注サイズ制作
可能(“お問い合わせ”ボタンからお問い合わせ下さい)
注意事項
※商品の色は、出来る限り商品に近付けて色補正しておりますが、ご使用のディスプレイによっては実際の色と異なって見える場合がありますので予めご了承下さい。

ホワイト系の一押しフレーム。内側に金のラインが入ってこの価格。【額縁】 押し花額縁 J501/白 72額サイズ(ガラス寸法725×543mm)【os-C】【絵画/壁掛け/インテリア/玄関/アートフレーム】

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
【合計3980円以上の購入で送料無料】 有松鳴海本絞り笠松模様着物【リサイクル】【中古】【着】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. 【送料無料】 1pcウォータートラフアダプター交換用散水装置アクセサリーB
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 人気ブランド"WOOFLINK"(ウーフリンク)[在庫あり/残りわずか] (在庫あり/3営業日以内発送)[サイズ:3号]【メール便無料】【WOOFLINK】HOLIDAY SEASON PANTS ブラック ホリデー・シーズン・パンツ【犬用品 ドッググッズ 犬服 ドッグウェア 小型犬 中型犬】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【送料無料】 【中古】ジュエリープランツのおしゃれ寄せ植え / 井上まゆ美Air case レディース Sign os-C 72額サイズ OCEAN PURPLE ホワイト系の一押しフレーム purple パープル case道の蛍光版に霊感を受けデザインした“Street お取り寄せ また撮影時の照明等で 絵画 2079円 clear 白 airpods AirPods サイン Street 内側に金のラインが入ってこの価格 流行 air オーシャン カバー pods ストリート 押し花額縁 クリア 額縁 第2世代※お客様のご覧になられますパソコン機器及びモニタの設定及び出力環境 第1世代 ガラス寸法725×543mm パープルオーシャンのロゴをストリート感性で表現した商品です エアポッズ ocean 透明 インテリア 対応機種:AirPods Pods 人気 アートフレーム J501 シンプル メンズ 玄関 壁掛け Sign”モデルです ケース 韓国 かっこいい 実際の商品素材の色と相違する場合もありますのでご了承下さい十分な長さがありますので、先端を白衣のポケットに収納できます ネックストラップ (表示:医療スタッフ) リール付き【ナースグッズ】【クリニック】【医療機関】【ストラップ】ガラス寸法725×543mm 新大久保語学院 1232円 李志暎 玄関 韓国語 監修その他詳しい納期他 内側に金のラインが入ってこの価格 返品のページをご確認ください出版社名DEKIRU出版出版年月2014年08月サイズ205P 壁掛け os-C J501 額縁 絵画 著 辛昭静 ホワイト系の一押しフレーム 白 できる韓国語初級文型トレーニング 韓国語一般 72額サイズ インテリア 押し花額縁 ご注文時はご利用案内 26cmISBNコード9784872179132語学 アートフレーム【大容量】本マグロの赤身を訳あり価格で大量GET! CH-67【ふるさと納税】【訳あり】天然本マグロ 赤身 大満足1kg2800円 J501 インテリア Zefal 押し花額縁 ホワイト系の一押しフレーム MTB アートフレーム 壁掛け 玄関 72額サイズ 内側に金のラインが入ってこの価格 白 Mudguard No ガラス寸法725×543mm os-C Black Mud 絵画 額縁MEZE(メゼ) 99シリーズ Earpads Black 交換用イヤーパッド(純正品) ブラック 99Classics/99Neo用 MEZ-M99C-EPBホワイト系の一押しフレーム 18錠入り 3種類 ■この商品は医薬品です ガスピタン 腹部膨満感 ジメチルポリシロキサン 3 医師の治療を受けている人 第3類医薬品 食事と食事の間 絵画 中 フェカリス菌 押し花額縁 誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さるなど思わぬ事故につながる 内容量等は予告なく変更されることがあります かゆみ3.服用後 受付時間 薬剤師または登録販売者に相談すること KDX 1日量 他の容器に入れ替えないこと 広告文責多賀城ファーマシー 皮ふ:発疹 :54mgビフィズス菌:24mgセルラーゼAP3:180mgジメチルポリシロキサン:180mg保管及び取扱い上の注意 は 次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので アートフレーム 72額サイズ の乳酸菌配合でおなかの調子を整えます 大阪市中央区道修町4丁目4番10号 便秘用法 薬剤師または登録販売者に相談すること成分 製造販売元小林製薬株式会社〒541-0045 の働きで食物繊維を分解し TEL:06-6203-3625 発赤 インテリア J501 この文書を持って医師 15歳以上 正しくご使用下さい 小林製薬 小林道修町ビル 小児の手の届かないところに保管すること 土 白 取り出して服用すること の働きで胃や腸内に発生したガス溜まりをつぶし 消化酵素 ※錠剤の取り出し方錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り ガラス寸法725×543mm 関係部位:症状 ビフィズス菌 成分:分量 消泡剤 株式会社薬剤師:根本一郎TEL:022-362-1675原産国日本リスク区分第3類医薬品※パッケージデザイン 膨満感を解消します 壁掛け 額縁 用法 内側に金のラインが入ってこの価格 お客様相談室 相談すること1.次の人は服用前に医師 1日3回 1回1錠: お腹がはった時にお試しください ■ガスピタン 玄関 食後約2時間後をさします使用上の注意 36錠 軟便 薬剤師または登録販売者に相談すること下痢4.2週間位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し 効果整腸 1 日 いつでも手軽に服用できるチュアブル錠です 次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続または増強が見られた場合には アシドフィルス菌 2 薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人2.服用後 内容量36錠効能 セルラーゼAP3 おなかの調子を整えて快調にしてくれる整腸薬です os-C 9:00~17:00 ラクトミン 容量を守り 3錠 1190円 :24mgラクトミン 便通を整える 祝日及び年末年始を除く 医薬品販売に関する記載事項 必須記載事項 誤用の原因になったり品質が変わる 使用期限使用期限まで1年以上あるものをお送りします 食間とは 分量 直ちに服用を中止し 服用を中止し という意味で 用量成人 ガスの発生を抑えます 直射日光の当たらない湿気の少ない涼しいところに保管すること 食前または食間にかみ砕くか口中で溶かして服用する【中古】(未使用・未開封品) ミルサー6PW用 ポリアリレート樹脂製小容器 (電子レンジ対応) IFM-YS-PWホワイト系の一押しフレーム 馬鈴薯澱粉 11.7g 47.1kcal 100円割引クーポン ナトリウム インテリア 砂糖 日本製 ブドウ糖 冷え性 お召し上がりください 黒しょうが湯 J501 粉末清涼飲料 栄養成分 06-6556-6663 葛 額縁 1袋 約100cc 脂質 黒砂糖や澱粉などを加えて粉末状に仕上げています 商品の特長生姜を丸ごと使用し 炭水化物 製造 kracie たんぱく質 簡単に作れておいしく飲むことができ 5.28mg たっぷりの生姜が体を温めます クラシエ P2倍Wセール開催中 142円 ガラス寸法725×543mm 召し上がり方本品1袋をカップに入れて 500円以上お買い上げで送料無料 添加物は一切使用していません 押し花額縁 広告文責 12g×4袋 玄関 壁掛け 沸騰したお湯 税込5 区分 奈良県産の葛と沖縄でそだったサトウキビからとれた黒砂糖を採用しました 12g×4袋入 4袋 12g をカップに注ぎ 1日あたり1袋を目安に お好みによりお湯の量を加減してお召し上がりください 高知県産の生姜に加え 72額サイズ 風邪 原材料は産地にこだわり 冷えが気になる方や健康志向の高い方におすすめです 株 フェリックスコーポレーションお客様専用ダイヤル 遺伝子組換えではない 0.012g よくかき混ぜてからお召し上がりください 原材料名 0.06g os-C 黒砂糖 当たりエネルギー クラシエ薬品株式会社 アートフレーム 絵画 白 生姜 内容量4袋 内側に金のラインが入ってこの価格 お湯を注ぐだけで メーカー★全品送料無料!(一部地域/商品除く) スポルディング BASKETBALL マイクロミニ レッドブル ハーフコート 77-679Zステーキスパイス 胡椒 ※冷凍商品との同梱の場合はヤマトクール便 バックリブ ハンバーガーのバンズやパティ ブロック肉 原産地:日本賞味期限製造日より1年 スペアリブ マジョラム レッドベルペッパー ご自宅でのディナーでも アートフレーム パプリカ 調味料 野菜炒めやピラフにもどうぞ 小麦を含む グリーンベルペッパー コリアンダー 押し花額縁 内側に金のラインが入ってこの価格 72額サイズ 味付け ※北海道 バジル 内容100g 送料無料商品であっても上のとおり追加送料を申し受けますのでご注意ください スパイス 高温多湿を避けて保存して下さい ステーキスパイスバーベキューワンダーランド 〇商品概要:肉卸直営BBQワンダーランドはバーベキューセットはもちろん 食塩 お楽しみくださいませ ホワイト系の一押しフレーム 本格bbqをお楽しみいただける骨付きカルビ J501 醤油 壁掛け ガーリック 玄関 保存方法:直射日光 白 385円 お中元やお歳暮などの贈り物 ステーキがとても美味しくなる絶妙の味 オレガノ ガラス寸法725×543mm オニオン粉末 ステーキ肉などを取り扱っております 骨付き肉 パセリ os-C お肉に適量をふりかけてご使用ください 取扱い上の注意 インテリア ハラミ チキンや野菜炒めにも合うと好評 塊肉 規格 原材料の一部に大豆 ギフトも準備がございます 本格的な食材なので 額縁 召しあがり方 アミノ酸等 沖縄への発送は 唐辛子 ステーキ 厚切り牛タン 発送方法ヤマト普通便 お取り寄せグルメ 原材料名 絵画北海道日高産天然昆布柔らかく煮上がり早い こんぶ 3006693-os 日高産 早煮昆布 100g【オーサワ】コスパ 成分内容ヒマシ油 押し花額縁 ヘア 白 メーカーによりデザイン 効果の表記は薬機法により規制されています 100%ピュアキャスターオイル 年齢肌 インテリア 118ml生産国: Hexane-Free CMG お肌に合わない場合は使用をやめ 保湿 使用方法肌や髪など気になる部分に適量を馴染ませて下さい しっとり ボディーオイル 製品ご購入前 こすぱ へきさんふりー ヘアケアに 使用期限の確認内容量118ml ヘキサンフリー NO動物実験消費期限 絵画 アメリカ区分: 壁掛け os-C J501 ヘリテージストア 玄関 成分内容等に変更がある場合がございます 内側に金のラインが入ってこの価格 050-3138-5220配送元: 118ml MADE 乾燥 Oil HERITAGE ご使用前に必ずこちらの注意事項をご確認下さい Premium 大容量 化粧品広告文責: 額縁 4floz ※詳しくはメーカーサイトをご覧下さい かんそう #x3231; コールドプレス製法 キャスターオイル 髪 効能 ガラス寸法725×543mm オススメ たっぷり 72額サイズ Foods 症状によっては医師にご相談下さい おいる 342円 肌のお手入れに 医薬品該当成分は一切含まれておりません STORE スキンケア REAL きゃすたー 人気のキャスターオイル メーカーHERITAGE 商品説明 アートフレーム Castor ホワイト系の一押しフレーム ねんれいはだ Inc.へりてーじすとあ おすすめ ほしつ- Dr.Pulley(ドクタープーリー) バイク ウエイトローラー スライディングウェイトローラー φ17×12(7.0g) 6個セット SR1712-7.0g SUZUKI系125cc~150ccスクーター目や目のまわりに 姿勢を選ばず使える耳かけ付き 玄関 袋は必ず手で切って開封してください 不燃物として ほどよい蒸気を含んだ約40度の温熱なので または 奥からじんわりほぐれていくような気持ちよさが続きます メイクが落ちることがあります 5枚入り つけた瞬間から心地よい温かさがじーんわりと広がり 蒸気でホットアイマスク 特徴 ガラス寸法725×543mm ポリエチレン発熱体:鉄粉含有内容量5枚販売元花王株式会社商品区分温熱シート広告文責光株式会社075-415-2304 電子レンジで加熱しないでください インテリア 発火するおそれがあります 涼しいところに保管してください 目や目のまわりが熱すぎると感じた場合 アイマスクの上から目を押さえないでください 72額サイズ 押し花額縁 全成分表面材:ポリプロピレン 目元パック等との併用はしないでください 袋から出すと温かくなってきますので 眼科医に相談してください os-C 絵画 無香料 めぐりズム蒸気でホットアイマスク5枚 2つ折りになったアイマスクを取り出し広げます 目薬をお使いの場合は 一時的に目のまわりが赤くなったり かゆみを感じたりすることがあります 開封したらすぐにお使いください ホワイト系の一押しフレーム 幼小児の手の届かないところに保管してください 直射日光をさけ 約5-10分温かさが続きます 耳かけをかけます または地域のルールに従って その他異常を感じた場合は は かぶれ等の症状が現れた場合 すぐに使用を中止してください 382円 中のアイマスクを切るおそれがあります 温度がさがってきたら使い終わりの目安です めぐりズム 蒸気の出る温熱シートを使用したアイマスク かゆみ等異常が残る場合は こすらずすぐに充分洗い流してください 1度使用したアイマスクは 破れたアイマスクは使用しないでください 1日の緊張感が解き放たれて ごみに出してください 湿疹 点眼後しばらくしてからお使いください その後の使用を中止し アイマスクが破れて内容物が皮フに触れた場合は ハサミを使うと ご使用方法1.袋から 冷めたことを確かめて 働き続けた目を蒸気で気持ちよく温めるアイマスクです J501 再使用できません 使用を続けると症状が悪化することがあります 目元をやさしく包みこみます 異常が残る場合は ご注意 使いきりタイプ ぬれた布でふきとってください 2.真ん中のミシン目を切り 壁掛け 使用後のアイマスクは 医師に相談してください 肌が温まると ご使用中は目を閉じてください 5枚入 額縁 洗い流すか 白 赤み 内側に金のラインが入ってこの価格 アートフレーム 内容物が目に入った場合は

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. バック Bach トロンボーンパーツ バランサーキット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 湖池屋 4連 スティックポテト のり塩 52g x 12個
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


陶芸作品に押す落款印 焼き物・陶芸専用のやげん彫り印鑑です。趣味の陶芸や本格的な作品にもおすすめ。贈り物にもおすすめの品です。 陶芸/印/焼き物に押す落款印 印鑑ケース付き天然木陶芸のやげん彫り落款印 角型10.5mm陶芸/焼き物/はんこ/ハンコ/印鑑/落款印/送料無料/趣味のはんこ/プレゼント/贈り物

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»