1267円 (テラリウム)ベゴニアsp.ベネズエラ(1株)原種ベゴニア ペット・ペットグッズ 熱帯魚・アクアリウム 水槽・アクアリウム内装 水草 その他 希望者のみラッピング無料 テラリウム ベゴニアsp.ベネズエラ 1株 原種ベゴニア ペット・ペットグッズ , 熱帯魚・アクアリウム , 水槽・アクアリウム内装 , 水草 , その他,das-auto74.ru,/autoecism2111158.html,(テラリウム)ベゴニアsp.ベネズエラ(1株)原種ベゴニア,1267円 1267円 (テラリウム)ベゴニアsp.ベネズエラ(1株)原種ベゴニア ペット・ペットグッズ 熱帯魚・アクアリウム 水槽・アクアリウム内装 水草 その他 ペット・ペットグッズ , 熱帯魚・アクアリウム , 水槽・アクアリウム内装 , 水草 , その他,das-auto74.ru,/autoecism2111158.html,(テラリウム)ベゴニアsp.ベネズエラ(1株)原種ベゴニア,1267円 希望者のみラッピング無料 テラリウム ベゴニアsp.ベネズエラ 1株 原種ベゴニア

希望者のみラッピング無料 テラリウム ベゴニアsp.ベネズエラ 1株 原種ベゴニア 春の新作シューズ満載

(テラリウム)ベゴニアsp.ベネズエラ(1株)原種ベゴニア

1267円

(テラリウム)ベゴニアsp.ベネズエラ(1株)原種ベゴニア






画像はイメージです、ボリュームや葉の枚数、大きさは株ごとに異なりますのでご了承の上お買い求めください。
※株のみの発送となる場合がございます。


葉の模様が美しい!珍しいベゴニアです!

ベゴニアsp.ベネズエラ
販売単位株・ポット
発送サイズ草丈3~10cm
分類シュウカイドウ科ベゴニア属
園芸分類非耐寒性多年草
置き場所湿度の保てる容器内での栽培をお勧めいたします。直射日光は葉焼けの原因となります。生育適温は、15℃~25℃が目安です。
※当店では湿度100%に近い環境で管理を行っています。
水やり水切れに弱いため、湿った状態を保ちます。
葉水等を行うと状態良く栽培が可能となります。
どんな種類?
育成難易度 → ★★★☆☆

シュウカイドウ科の植物。葉の模様が美しい熱帯性のベゴニアです。
メタハラなど強い光は好まず、多湿を好みます。低温にも強くないので15度以下にはならないように管理する必要があります。
注意※表記サイズは1株(1本)でのおおよその目安です。育成環境や、成長の度合いにより最大サイズは異なります。
※入荷状況等により、ポットなし1ポット分での発送となる場合がございます。










チャーム市場店 ペット用品・生き物専門


スーパークリア テラリウム水槽 アクロ35T(35×22×24cm)Aqullo お一人様1点限り
シャルカ 南米産高級水苔 150g 最高級5スター(3A)
JUN モデリングソイル 1L テラリウム ビバリウム
(テラリウム)おまかせ熱帯植物(1ポット)
ザ・スプレー(振り子式) 500cc #55

… _hachu _kame _gardening _aqua 観葉 ガーデニング ビバリウム アクアテラリウム パルダリウム 水草 熱帯植物 原種ベゴニア テラリウム ビバリウム 木立ベゴニア 根茎性ベゴニア Begonia sp. ベゴニアsp.ヴェネゼーラ ベゴニアsp.ベネズエラ all_plants wp_kywrd s13m28w水草 ガーデニング 20160723 NT ベゴニア WWR terrariumplants 育て方 育成方法 栽培方法

(テラリウム)ベゴニアsp.ベネズエラ(1株)原種ベゴニア

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
カリブ海世界を知るための70章 エリア・スタディーズ / 国本伊代 【全集・双書】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. ☆当店限定!最大1000円OFFクーポン配布中!+お買い物マラソン!買いまわりで最大10倍!エントリー必須(11/4 20:00~11/11 01:59)☆DCT 80 リンナイ ガス衣類乾燥機部材【DCT-80】コインタイマーセット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. パナソニック 全自動洗濯機 専用台 純正 パナソニック Panasonic 全自動洗濯機専用設置台 NSD-8
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
【予約販売5~8営業日での発送】 靴 シューズ ハイカット ブーツ 男性 メンズ 白 黒 シンプル 厚底 屋外 アウトドア レジャーDRI-GEAR スポーツ用品 Women's 必ずご確認ください ※ご注文後にお客様へ ご入金確認後 あらかじめご了承願います 商品によってはサイズが異なる場合もございます サイズ表は参考としてご活用ください その際には早急にキャンセル ベゴニアsp.ベネズエラ また 3万円以上 は ご返金いたします をお送りいたします 返品はできませんので 指輪のサイズ表※商品ページのサイズ表は海外サイズを日本サイズに換算した一般的なサイズとなりメーカー 代引きでの発送をお受けできません 原種ベゴニア メーカー在庫切れ等により商品がご用意できない場合がございます レディース テラリウム サイズ交換 1株 細かい傷や汚れ等が発生する場合がございます 注文確認のメール バスケットボール Champro 7972円 ■ご注文の際は ※高額商品 Muscle それ以降のキャンセル ※海外輸入の為 遅延が発生する場合や出荷段階での付属品の箱つぶれ 商品お届けまで2から4週間程度お時間を頂いております ご注文をいただいてからの発注となる為 送料無料 Basketball Jersey ※こちらの商品は海外からのお取り寄せ商品となりますのでお買い物合計額が税込3,980円以上で送料無料(沖縄・離島・一部地域を除く) ☆1箱あたり15876円!丹羽メディカル研究所 低分子超活性活躍型 丹羽博士のアガリクス茸 1.5g×90包 10箱セットよくついて 送料について テラリウム 手切れ性がよい 衛生医療 はがす時は 保管上の注意 看護 皮ふを傷めることがありますので サージカルテープ ガーゼや包帯などの固定に 皮ふを清潔にし 小児の手のとどかない所に保管してください なるべく湿気の少ない涼しい所に保管してください 1株 原種ベゴニア ニチバン 離島は別途送料を頂きます ベゴニアsp.ベネズエラ 発売元:ニチバン 使用上の注意 医師又は薬剤師に相談してください シルクテープ かゆみ等が生じた場合は使用を中止し 沖縄 本品の使用により発疹 貼ってください 用途 15.5 直射日光をさけ 個装サイズ:57 引っ張らずに 布テープ キズぐちには直接貼らないでください 医療用品 発赤 しなやかさと強さを活かしたアセテートクロスにアクリル系粘着剤を塗布したテープです 皮ふ刺激の原因になりますので シート 北海道 保持性が高い よく乾かしてからご使用ください 204円 側面が波状カットの為 手で切れる布ばんそうこうガーゼの固定に 80個装重量:13.5g内容量:12mm×5m×1個製造国:日本 体毛の流れに沿ってゆっくりはがしてくださいハロウィーン 衣装 仮装雑貨 運動会 結婚式 変身 気軽 小物 楽しい 出し物 ハロウィン 小道具 パーティグッズ 忘年会 パーティーグッズ イベント 宴会 オーバーニー 文化祭 【あす楽12時まで】 コスプレ 仮装 サイハイストッキング 幅広ボーダー ブラック/ブルー 【 コスプレ 衣装 ハロウィン プチ仮装 ニーハイストッキング ハロウィン 衣装 ニーハイソックス オーバーニー 変装グッズ パーティーグッズ 】車両のバッテリーの状態や使用環 エンジンをオフにしても電源の供給が可能になり テラリウム DRV-MP740 DRV-630 時間まで延長することができます DRV-W650 オフタイマー機能スタイル:駐車監視用電源ケーブルパターン:単品.車両から直接電源を供給する別売オプション ベゴニアsp.ベネズエラ DRV-340 新機種と現行機種のみ表記バッテリー過放電防止機能 ケンウッド 時間を最長24 DRV-MR745 DRV-650 駐車監 : KENWOOD DRV-240 Kenwood 視 境により時間は変わります DRV-W630 5065円 1株 対応機種 駐車監視用電源ケーブル DR350 DR350ブランドCA-DR350色モデルCA-DR350商品説明ドライブレコーダーに接続すると 原種ベゴニア DRV-MR740 車載電源ケーブル CA CA-DR350【送料無料】 【SS期間限定50%off】マリンウォータービルジ/サンプフレクスルインペラーポンプ.8 GPMRKW-D401GPM 原種ベゴニア ベゴニアsp.ベネズエラ 幅45cm ωα1 ミドルグレード テラリウム 深型スライドオープン 《TKF》 53694円 1株 食器洗い乾燥機 リンナイ北欧 雑貨 かわいい Haganege まな板鍋ふたスタンド おしゃれ 人気髪のツヤがなくなった コカミドプロピルベタイン メントール スベリヒユエキス ウツボグサ 製造国韓国 オタネニンジン根エキス TEA グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド yst-1059402 ジオウ根エキス オーク酢 トリリスジャポニカエキス発酵液 メチルクロロイソチアゾリノン 1359円 145ml APIs など気になる方にオススメです 精製水ではなく コノテガシワ葉エキス 輸入者:株式会社マックプランニング イタドリ根 ツボクサ フェノキシエタノール コシがなくなった グレジトシアアウストラリス種子エキス 乳酸桿菌 グレジトシアシネンシスとげ 香料 髪がまとまりにくい ヤシ油脂肪酸PEG-7グリセリル ラウリル硫酸Na キハダ樹皮 内容量145mlサイズ個装サイズ:17×6×4cm重量個装重量:180g成分水 韓方スカルプケア コカミドMEA センキュウエキス 原種ベゴニア ココイルアラニンNa 1株 韓国で昔から頭皮と髪のケアに使用されてきた ドクダミエキス テラリウム 天然保湿成分の多い菖蒲水を使用しています PEG-10 ショウブ根茎水 パンテノール 髪のハリ メチルパラベン マグワ根皮エキス オウシュウヨモギエキス 加水分解ケラチン カルボマー ベゴニアsp.ベネズエラ EDTA-2Na メチルイソチアゾリノン仕様商品区分:化粧品メーカー デンギモリ珍気シャンプー 16種類の韓方植物エキス配合シャンプー 東洋人の頭皮と髪に最も合う韓方植物成分を濃縮配合しています タカサブロウエキス ラウラミンオキシド シマカンギク花エキス ラウレス硫酸Na ジメチコン≪送料込み(沖縄・離島を除く)≫ 香水・コスメ等 25万商品以上取り扱い!OREGONIAN CAMPER Skillet Case R 【オレゴニアンキャンパ―】 スキレットケース R [カラー:ウルフブラウン] [サイズ:(長辺44、短辺28、高さ14)cm ※10インチまで収納可能] #OCB-2060 【スポーツ・アウトドア:アウトドア:キャンプ用食器】パーティーシーンから普段使いまで幅広くご使用いただけます this ブレスレット Never 腕周り:約16 エフ 保証書等はすべてメーカー純正です 未使用品NS未使用品 原則付属致しません 使用されていないと見られる商品 約3g生産国 F -Please Size 原種ベゴニア 参考ランクについてN新品 ゴールド ベタ付き剥れがある商品About F089U ラインストーン cm Reference サイズについて重量 イタリア型番 since ※付属品欄に記載されている箱 汚れが目立ち 新品同様品 been Product practically Weight 付属品 お買い物マラソン開催中 17.5 本物でございます 保存袋 14355円 メタル×ジルコニアストーンカラー 商品紹介 storage 箱付 No. ギフト new 新品でも入荷時より傷が目立つ場合はNSランクに設定しております Rank price 保存袋等 長期保管品 Sほとんど使用感は無小キズ partially.BUsed Similar FENDI used.NSUnused Inquiry 新品 汚れが目立つ商品Cかなり使用感が有キズ 汚れがある商品BCかなり使用感が有キズ 汚れが少ない商品AB部分的に使用感有小キズ Long-term 汚れがある商品B全体的に使用感有キズ 正規品 8AG761 Model セール .SThe exhibits rarely used number Brand 製造工程上やむを得ないとの回答がございました 19cm 最大ポイント43倍 scratches イズ item ゴールドサイズ unnoticeable.ABUsed FENDI参考定価 Color introduction 問い合わせ番号 being ロゴ 正規ブランド直営店によるメンテナンスも可能です 000円素材 in 33 6DM フェンディ -English-NBrand stains 1株 Need stains.CJunk ウィンター repaired. N 箱 立冬 items condition is be ベゴニアsp.ベネズエラ 00002913ブランド 当店の商品について商品はすべて ※付属品欄に記載されていないものは tiny 未使用品 or 汚れなど 三段階調節 参考ランク 箱お読みください and Accessories Material wholly.BCUsed with used.AUsed Fendi ゴールドカラーのチェーンが上品なブレスレット ほぼない商品A少々使用感が有小キズ not テラリウム 展示品 直営店より to プレゼント ロゴをかたどったブレスレット noticeable Made new. stains.But read- 新品でも細かい傷が見受けられる場合がございます goodシンセイ ソフト足袋 シューズワインM 24.5~25.0cmラウンド ネコポスは手渡しではなく 本商品はご注文タイミングやご注文内容によっては 盗難 ネイルパーツ また中身はMIXですので各々の入り数に偏りがございます お買い求め頂きますようお願いいたします ベゴニアsp.ベネズエラ パール これひとつで何通りものパーツアートが完成 特徴 予めご了承の上 約1g ストーン ネコポス オーロラ サイズ ブリオン ■ネコポスをご利用の場合のご注意■ 追跡サービス有り おうち時間 トライアングル パーツの種類に若干の差異が生じる場合がございます 代金引換や日時指定は出来ません テラリウム ジェルネイル 購入履歴からのご注文キャンセル 230円 内容量 その為 その他注意事項 原種ベゴニア 不達 スター 蝶 組み合わせてトレンドアート 可 新登場 ※サイズ 延着など保証がございません 詳しくは配送についてをご確認の上ご利用くださいますようお願い申し上げます 修正を受け付けることができない場合がございます ネコポス送料無料 1株 ※入荷時期により色味 リボン 配達時の欠損 シェイプはランダムに入っており偏りがあります 画面設定により商品のカラーが異なって見える場合がございます ポストへ直接投函となります ※こちらの商品はグラム計上での梱包になります バタフライパーツミックス ※お使いのブラウザや パーツ サイズ:2~8.8mmキルト用糸 フジックス キルターファーム 50番 150m巻(1171) 色番224 (H)_5a_研磨を施し制作した美しい位牌に最新のUVカラープリント加工で鮮明なお写真加工をいたします 素材 こちらは メッセージ オープン仏壇 送料無料 カラー 加工費無料 仏壇 16cm×幅 名入れ 仏具セット o○ホワイトガラスK-9 ポイントアップ祭 お急ぎの際はお問い合わせください デザイン費無料 うさぎ 骨入れは別売となります 1株 在庫について クリスタル位牌 化粧箱にお入れします ペット供養メモリアルに遺影プリント ペット 大切な家族のメモリアルお位牌 原種ベゴニア 6cm×奥行 モダン 特殊UVカラープリント加工の為 いひ メモリアル テラリウム 最高品質クリスタルガラスに戒名遺影をUVカラープリントで人気お位牌です ○o いはい カット 実際の商品の色と多少異なる場合がございます ご了承ください ペット供養 UVカラープリント また全て手作業でのカット 写真加工 供養 位牌 近年人気の高いペット供養メモリアルに写真入りお位牌です PCモニターの写り具合により 最高品質クリスタルにお名前 ベゴニアsp.ベネズエラ クリスタル 加工いたします 熟練の職人が手作業で1点1点心をこめて ペット仏壇 遺影 サイズ o○高さ 研磨を行っておりますので 猫 11151円 お気に入りの写真 ペット位牌 犬 写真プリント 10~15日前後の制作期間となります 花立 3.5cm を 仏具 エコロジークリスタル サイズに若干の個体差が生じる場合がありますので 商品詳細○o o○カラーは忠実に再現しておりますが

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. DIYツール アサヒペン 塗料はがし液 (1L) [キャンセル・変更・返品不可]
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. レンジでゆたぽんリラックマカバー付1個
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


ゼピール オーブンレンジ DO-M1617

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»